インテリアを設計するということ


 

インテリア設計士・インテリアコーディネーターの HIRO DESIGN カトリーヌです。

【インテリアは人ありきで「設計」するもの】と言う考えで、住宅・店舗づくりのお手伝いをしています。

 

インテリアコーディネートは、既にある空間に家具・カーテン・色などを選んで整えるイメージが先行しがちですが、

そればかりでなく実際にはインテリアを設計しています。インテリア設計とは、名の通りインテリア(室内)を「設計」すること。

すべては「どの様に暮らしたいか」「どう在りたいか」が基本です。 

それぞれの思いの形は千差万別。その思いに合わせた設計が必要です。

 

インテリア設計は家の内から外を考えます。つまりは、人を中心において暮らしを考えます。

暮らしに合わせた設計は、収納や動線の計画、照明と窓の位置や、スイッチやエアコンを取付ける壁がない・エアコンとカーテンレールが干渉する・など、後から困った!と思いがちな細かな点もトータルで考えてゆきます。

 

 物や情報があふれた時代。センスが良いものは目にも心地よくてステキ。けれど、センスが良い=住みやすいではありません。

それぞれの思いに合ったセンスが良い・カッコよ良い・のは当たり前。図面上では目に見えにくい部分も設計してゆくことが重要です。