以前こんな事がありました。

リフォームを希望するお客様自ら工事店を探し、リフォームを依頼されました。
でも、なかなか打合せが進まなかったそうです。その後、途中で私が関わる事になりました。

 

「工事店さんから希望通りにやるから言ってね、と親切に言ってもらったけれど、

思いがうまく伝えられなくて困っている。」とお客様はおっしゃり、HIRO DESIGNへお電話を下さったのでした。

 

お客様は「リビングを寛ぎのある〇〇風にしたい、収納を〇〇としたい、インテリアを〇〇にしたい」と

希望はあるけれど具体的にどうしたら良いのか、依頼先の工事店にうまく伝えられない。

工事店も施工には自信があるけれど、デザイン・イメージ提案に関してはうまく汲取る事ができない。

専門分野ではないと、この様なことがおきます。それぞれの役割があるのです。

お客様の思いを繋ぐのは、コーディネーターの役割です。